読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも恋するノリコ

恋愛ブログではありません!

コンビニで最強の名に恥じないスイーツに出逢った

f:id:maimaimu:20170119162227j:plain

いかにも期間限定だろうけどめちゃくちゃおいしいみたいな商品に出会うと、その先に待つ別れを思って悲しい気持ちになる。

基本的にコンビニで食べられるものというのはおいしくて、おいしすぎない。だが今日紹介する2つの商品は違う。おいしすぎる。

 

特別におしえてあげるので、いいから黙って食ってくれ。

 

ダブルクリームのいちご練乳シュー(セブンイレブン

おそらくイチゴの日(1/5、1/15)に向けて出された商品なので現在店頭に並んでいるものはある意味在庫処分的なものなのかもしれないので急いでくれたまえ(もっと早く紹介しろ)

f:id:maimaimu:20170119160102p:plain

(画像はセブンイレブン公式サイトからのスクリーンショット

いちごの酸味と練乳の乳味(とは)が最強の化学反応でベストマッチを超えて小宇宙。クリームたっぷりなのに後味は軽くて、とにかく幸せが止まらない。時期を変えて何回か食べているけど毎回新鮮な驚きとともに「おいしい!」ってなる神商品。去年のいちごシューと比べても1億万倍おいしいから永遠に売り続けてほしい。上げて落とすようだが隣に陳列しているとろりんシューはクソなので間違って手に取らないように。

 

鹿児島県産安納芋の純生クリーム大福(ローソン)

絶対秋しかないだろうと思っていたのにいまだに売られている謎商品。個人的に大好きな洋風大福。和洋大福とか書いてあるけど感覚的には、うーん、実質洋風。

f:id:maimaimu:20170119160612p:plain

(画像はローソン公式サイトからのスクリーンショット

安納芋のねっとり濃厚な、それでいて控えめな甘さと、柔らかくて優しい生クリームがマッチして…んんんまいっっっ!!!!なんというか、和菓子って濃厚で重いんだけど小さくても満足できる、そういうところがオツですよね。それでまああったかいお茶が合うんですよね。とにかく一口あたりの幸せ成分がでかいので、食後のスイーツというより、仕事の合間の心身のエネルギーチャージにおすすめしたさある。

 

 

あとね、Kiriのコラボスイーツは基本的に外れなしだけれどもどの商品にどこの店舗で出会えるのかっていうのがさっぱりわからないので今回は外しました。

前にちょ〜〜〜〜うまいのあったけどもう発売されてないみたい(しょぼん)

 

それではまたのん

人に与えることができるものとは

f:id:maimaimu:20170109151616j:plain

 

万年うつ気質のわたしとしては

喜びを自分で作り出すことがあまり得意ではないので

人に喜びを与えられるとすごくありがたい気持ちになる。

 

たとえばうちに遊びにきた友人が、

めちゃおいしそうなスイーツを持ってきてくれたとか。

 

予想していなかったタイミングで、

誕生日プレゼントとかおみやげをくれたとか。

 

恋人が日常的にかわいいとか大好きとか言ってくれるとか。

 

 

そんなふうに自分がされて嬉しかったことは、自分としてもなるべく返したい。

やっぱり愛された経験があるから人を愛せるし

優しくされた経験があるから人に優しくできるという側面はあると思う。

 

 

 

そういう経験をミルフィーユみたいに上手に積み重ねていけたら

いつかみんなに愛されるケーキになれるのかしらん

 

 

 

小さいことだけれど、私は学生時代ずっと飲食バイトをしていたので、飲食の人にえらく優しい。特にホールスタッフのことは人ごとと思えなくて、食器をさげてもらうときなどにやたら愛想よく目を見てお礼を言うなどしている。

私の経験上、きっとその人は嬉しい気持ちになるはずだ(多分)。

 

 

聖人君子のような人間にはなれないけれど、誰かにもらった優しさは、手の届く範囲で、誰かに還元していきたいと思う今日この頃なのでした。

 

突然だが禁断ボーイズなるYouTuberを見つけた

私はYouTubeは見ません。見るんですが、ほとんど大将さんという方のゲーム実況動画しか見ません。

なぜか?

それはYouTubeがくだらないからです。そしておもしろいからです。

 

おもしろくて、役に立つなら、見たいと思います。パッと良い例が思い浮かびませんが…ま、まあプロフェッショナル的な…

 

でもYouTuberの動画は総じてくだらないです。くだらないのに面白いのでかなり無為に時間がすぎていきます。

 

暇人ならいいです。暇じゃないんです。忙しいです。しかも貧乏なので動画見ている場合じゃありません。にもかかわらず…今朝もうっかりはじめしゃちょーがカントリーマアムを50個食べているだけの動画を視聴してしまいました。おもしろかったです。くそっなんて日だ!

 

ちなみになぜ大将さんの動画は例外的に見るのかというと、好きだからです。

 

それはともかく先日かなり偶発的に禁断ボーイズという方々のチャンネルにたどり着きました。

 

www.youtube.com

はてブロの埋め込み機能便利すぎて笑う。

 

私はこの方たちが何者なのか全然知らないがこの動画を見ました。

 

www.youtube.com

 

タイトルを見る限り、どうやらメンバーのメサイアという人が引退するらしい。…最初に見る動画じゃないね?

でもでも、キャッチーだったりセンセーショナルなタイトルをつけて視聴数を稼ぐことはよくあること。なので話半分で聞こうと思って再生ボタンを押しました。メサイアが誰だか知らないけど。

 

しかしあろうことかこの動画はなんと12:52もある大長編。最初の5分見てもネタなのかガチなのかわからない。この方々の作風や活動の背景などを何も知らないのでなおさらわからない。そして結局12:52フルで見てしまった。

 

結論から言うとガチ引退だった。

 

で、なぜ引退するのかという経緯がすごく興味深かった。

彼らはチャンネル登録が2015年の3月で、現在チャンネル登録者数が86万人を超えている。若さを活かして(?)なかなかセンセーショナルな内容の動画もたくさん出しているが、それを見て不快に思った人やご意見のある人たちが、彼らの通う専門学校に通報を入れるんだそうだ。暇人多いなッ

 

そして学校から、「退学orYouTuber引退」のどちらかを選べと勧告され、他のメンバーは退学を選んだが、メサイアは将来のことを考えて引退を選んだと。

 

他の動画をたどってみると、このメサイアという人物、小・中学校時代にかなりのいじめを受けていたのだという。

 

www.youtube.com

 

これはメサイアが実際に受けていたいじめを再現した動画。

 

メサイアいわく、自分はいじめを笑いにかえることで強くなれたし克服することができた。いじめはなくなるものとは思わないから、この動画を見ている人で、いじめている人はもちろんやめてほしいし、いじめられている人は少しでも勇気付けられてくれますように、という趣旨の動画なんだそうです。

 

見るとわかるけど結構えぐくて、こういうの見ると、YouTubeってすごいなーって思う。社会におけるあり方とかって本当にいろいろあると思うけど、メサイア氏がYouTubeを通して一種の居場所を見つけたのは事実。そして今度は社会でも居場所を見つけるべくYouTubeを捨てる決断をしたんやな〜って思ったらなんとも言えない気持ちになった。

 

 

まあ一ヶ月もせずに復帰してるんだけどね。

www.youtube.com

 

メサイアいわく、YouTubeをしない日々は退屈だったんだって。そして他のメンバーに何も言わず学校をやめてきたんだって。

 

すごい…若いってすごい…
新卒で入った会社を6週間でやめた私が言えることじゃないけど、若者に夢もたせたらパワーがはんぱねえ。

 

そしてYouTuberって総じて正直だしプライベートや自分の切り売り(といったら語弊があるけどテレビタレントとはやっぱり違うなにかを削っている感じがする)をしながら体当たり的に表現(動画制作)していくところがすごいなあと改めて思いました。

 

ちなみに…

これらの動画見るとあれですけど…

メサイアほんとはめっちゃ普通にしゃべれます。

www.youtube.com

 

そして…本当はこれが一番言いたかったんだけど…

リーダーのいっくんという人がかわいいのである。しかもパッショナブルなんだ。

 

www.youtube.com

 

うん、我ながら今日のエントリーなんなんだろう?

2016アフタヌーンティー部活動記録(前編)

こんにちは。

アフタヌーンティが大好きで、アフタヌーンティー部という活動を個人的にしています。ネーミングが安直ですが、要するに定期的にホテルなどのアフタヌーンティを楽しみにいこうというものです。

 

 ■アフタヌーンティとは イギリス発祥の喫茶習慣。その名の通り、「午後のお茶」のこと。

午後3時ごろから6時ごろまでにいただくのが通例で、サンドイッチにスコーン、ケーキをいただきながら、午後のひとときを楽しむ、優雅なお茶の時間。(by Wikipedia、All About)

 

ということでこれまでに自分が行ったアフタヌーンティをさっくりとまとめていきたいと思います。

 

1. オリエンタルラウンジ in マンダリン オリエンタル 東京

f:id:maimaimu:20170105164111j:plain

銀座線・半蔵門線三越前」駅直結のマンダリンオリエンタル。地上38階からのシティビューを眺めながら至福のアフタヌーンティーを楽しむことができます。

f:id:maimaimu:20170105164513j:plain

(話し込みすぎて日が暮れたよ)

 

★おすすめポイント

・紅茶がカップでサーブされる

ロイヤルミルクティーがいただける

・スイーツはもちろん軽食類もおいしい

 

いいですか、さらっと書いてますが、紅茶がカップでサーブされるということと、ロイヤルミルクティが選べるというのは本当にまじで最高ポイントです。

軽食については、アフタヌーンティーにはかなりの確率できゅうりのサンドイッチが入っているのですが(その由来はめんどうなので割愛)、ここではハムとチーズときゅうりのサンドイッチが本当においしかった。このシンプルなサンドイッチがおいしかったということがその実力を示唆しているかもしれないような気がした。(自分の味覚に自信ない)

f:id:maimaimu:20170105164712j:plain

スコーンは小さいので胃が小さい方も負担なく楽しめる。そしておかわり自由なのでいっぱい食べたい人もいつも温かいものが食べられる。しかもおいしい。スコーンはいろいろと好みが分かれるけれどさくさくというよりはもちっとした感じで個人的にすごく好きだった。

本当に自信を持って勧められる。うろ覚えですがだいたい、5000円くらいです。

 

restaurant.ikyu.com

 

2. Motif Restaurant&Bar in フォーシーズンズホテル丸の内

f:id:maimaimu:20170105165133j:plain

東京駅に地下通路で直結しているフォーシーズンズホテル丸の内の7階。私はアフタヌーンティーしか行ったことがないのですが、母いわくランチもかなりおすすめなんだそう。

 

★おすすめポイント

・ゆったりソファ

ロイヤルミルクティーと、ホットチョコレート(!)もいただける

 

出ました、ホットチョコレートです。ホットチョコレート大好き。アフタヌーンティーでホットチョコレートが飲めるのは私の知る限りここだけかなと。あとロイヤルミルクティーと、チャイミルクティーが飲めます。

スイーツも軽食もちょっと変り種が出てくるので、普通のアフタヌーンティーに飽きている方におすすめです。私が行ったときはトリュフの香りのポップコーンが出てきたような。あとミニハンバーガーなどもついてくるので、アフタヌーンティーって食べた気にならないんだよね…という方にも喜ばれるかと思います!

 

www.fourseasons.com

 

3. ザ・ロビーラウンジ in リッツ・カールトン

f:id:maimaimu:20170105170832j:plain

雰囲気やお味は素晴らしいと思います。苦手なフォアグラを使ったプチムースも、くさみがなくおいしくいただけました。

しかし…

★残念ポイント

・紅茶が一種類しか選べない。そして差し湯。

・なのに高い(割引などがないと8,000円ほどで都内でも最高級)

なんというか、これだけの金額を出すとどこまでのアフタヌーンティーが楽しめるんだろう?ということを知りたくて伺ったのですが、とりあえず紅茶を一種類しか飲めないのでただひたすら同じ紅茶を飲みました。

8,000円あれば高級茶葉をいろいろと買えますので、紅茶を楽しみに行く身としてはつらい。ポットサービス自体は構わないが、せめて飲み切ったら他の茶葉を選べるようにしてほしい。

そしてスコーンにつけられるジャムを選べるのはすてきなポイント。ですが…ずらっと15種類くらいのジャム瓶をワゴンで持ってきて、「どれか好きなものを一種類お選びください」と…。8,000円払ってるのにジャムも一種類かあ…ケチじゃない?

せっかく選べるんだったら2種類とか選べたら楽しいのに。それだったらいっそ選べない方が、そういう邪念も浮かんでこないなあと思いました。

でもスイーツおいしかったな。

f:id:maimaimu:20170105171544j:plain

 

www.ritz-carlton.jp

 

すいません、あと2件書こうと思っていたのですが疲れちゃいました。あと椿山荘とグランドハイアットがあるのでまた後日きっと書きますね。

生きてる!!(雑記)

f:id:maimaimu:20170103151902j:plain

 

🌅明けましておめでとうございます!🎍✨

今朝(1/3)、目が覚めてからガバッと起きて勢いよくリビングに駆け上がって、急きこんだ様子で母に「明けましておめでとう!!!!!」と言ったら

「うん、おめでとう」

とクールに返されました。家族の、私のボケに対する耐性がすごい。

 

2016年は10回くらい本気で死にたくなりましたがなんとか生きてます。そのうちの7回くらいが12月に訪れたので最後まで油断なりませんね。みなさんもゆめゆめ気をつけ給へ。

そして思ったのだけれどやっぱり年末年始は控えめに言っても最高。

みんな休んでるから仕事のメールはこないし、銀行もしまってるからやらなきゃいけないことも「やれない」という状態を強制的に作り出してくれる。世の中が。勝手に。

 

しかも実家暮らし・東京育ちの特権として

・帰省の必要がない

・帰省してくる友人もいない(みんな元から東京にいる)

⇨圧倒的暇!!!

 

ひまひまひまひま!(ゲームで忙しかった)

それでいて兄家族などは実家に顔を出すので張り切った母が高い食材をいろいろ買い込んでいる。しかもおせちは高級なものを買ってある。ちなみに今年はハイアットリージェンシーの和洋中おせち。

 

f:id:maimaimu:20170103152803j:plain

 

正月、いいじゃん🤗
知ってたけど。

 

実はかれこれ2週間くらいネオニート生活をしているので正月休みもくそもないのですが、まあ年越しも普通にネトゲしてて31日だろうが1日だろうが通常営業でハープも淡々と練習しました。

 

それから最近SNSについていろいろ思うところがあるのですが最終的に一番好きなこと書けるのはブログだなって気がつきました。

 

ブログにコメントするのってそれなりにめんどくさいからあんまり人のリアクションが見えなくていいなって。それでいて文字制限ないから語弊なくいろいろ書けるし。

 

でも先日取引先の方に「ノリコさんのブログ読んだんですが、大丈夫ですか?」って聞かれてちょっとこのブログの存在の危うさも認識した。

大丈夫です!

 

 

それはさておき、新年に目標を立てることのあほらしさについて考えています。(またそういうことを言う)

 

普通に考えて、12/31だろうがたとえば7/3だろうが1/1だろうが同じ「一日」じゃないですか。なぜ急に心機一転して、目標とか述べ始めるのか。

 

もちろん、ひとつの節目?として正月を捉えるのってすごく自然と納得できるのでそれ自体に疑問はないのですが、ただ目標はもっとこまめに立てるものだと思っていて。一年というスパンで目標を立てるのってちんたらしすぎだし、それは目標というよりは願望じゃないですか?一年のうちに達成してたらいいな的な他力本願さを感じる。

 

目標に大事なのは具体性だし、たとえば「3月までにこの曲を人前で演奏できるようにする」とかさ。現実的かつ最短のスパンで目標を立てないと意味ないと思います。一年というスパンだとどうしても具体性失うよね。「ハープ上達」とか。なんだそれは。

 

一方で「三食きちんと食べる」とか「無駄遣いしない」とか年間を通してのテーマならすとんと落ちてくるんですけど、とりとめのない目標リストを10個くらい羅列することになんの意味も感じない。

 

こういうこと言ったり書いたりするとすぐ「まあ考え方は人それぞれなんだからいいじゃん」とか言い出す的外れ奴がいるんですけど、私はたまたま、その"考え"を発信しているだけで別に誰かを具体的に糾弾したり貶めたりする意図はまったくないですので。もちろん、個人の自由。何もかもが個人の自由!(殺人を除く)だから私の発言も自由。

 

 

 

そしてどうしてだろう。読み返してみたら、すごく人に嫌われそうな文面だ(奈落)

去年は本当に自分の言葉には気をつけようと身につまされる出来事が多かったけれど、当たり障りのないことをブログで書く意義が見当たらなくて結局こういうふうにむきだしになってしまう。

仕事では散々当たり障りのない表現を身につけたから、その揺り戻しがきてしまうのかなあ…

匿名でブログやツイッターアカウント持つことも何度か検討したことがあるけれど、やっぱり匿名で書いても全然意味がないんだよな…こういうバックグラウンドでこういう仕事をしている人がこういう意見を持っているっていう文脈が自分の中で意味を持ちすぎていて。

 

最終的に、嫌われることに対する耐性をつけていこうということになってくる。黙っていれば悲しい思いもしないのに、ひとりSM状態である。

疲れた

f:id:maimaimu:20161204024233j:plain

端的に言って、疲れた!

何にということはないけど疲れた。

 

それで夜中ではあるけれど目的もなく池袋に出てきました。最寄駅を通過するくらいの時間がちょうど終電のつく時間くらいだったと思うんだけど、「土曜の夜に終電で帰ってきました!」って感じのGirlsがなんとも言えない店じまい感を出しながらこの寒空をぽてぽてと歩いて帰っていくものだから思わず見守ってしまった。

 

なんだろうな、今週の営業は終了しました感出てた。一週間を生き抜いた彼女たちが帰っていく家に、彼氏が待っているのか、家族が待っているのか、ひとりなのかわからないけど、どんなお家に帰っていくのかすごく気になっちゃった。なんにせよ、ゆっくりできるといいね。

 

そしてそこから池袋に向かって歩いていくと…まあ終電を逃した人々が途絶えることなく池袋から延々とこの街道を歩いてくるんですわ。この大通りすごい好き。和光方面に住んでる人たちみーんなこの道を延々と歩くんだもん、おもしろい。

 

コンビニの袋持ったおじさん、夜のお仕事っぽい女の人、売れてなさそうなホストっぽい人、仲良く手を繋いだカップル、なぜか笑顔で自転車に乗っていたかわいい女の子、大きく手を振って信号の向こうの友達に「お疲れー!」って言ってた男の人、いろんな人とすれ違ったけど一番印象的だったのは

 

コンビニのところで彼女と待ち合わせてたのかな、仕事帰りふうの男の人がその女性を見つけてパッと笑顔になったのを見たとき。全く知らない人の、「THE 親しい人の前でしか見せないであろう表情」って感じの代物を不意打ちで目の当たりにしてしまって破壊力あった。

 

そんなこんなで池袋について今私は何しているかというと…仕事…と見せかけてブログ…

書くことの息抜きが書くことなんて、おかしな話だと思います。ちなみに手書きの日記も毎日つけているのですがこれまた良い息抜きになるんですよね。

 

そしてこのブログを見てくださる人には高確率で「ブログ見ましたけど大丈夫ですか?」って言われるのでできればもう少しキャッチーなことを書くようにしたいです。それは来年以降心がけたいと思います。よろしく

COSMUSICAライターへメッセージ

f:id:maimaimu:20161120064316j:plain

あえて見てくださいと言うでもなく、かと言って誰か見るか試すわけでもなく、あくまで自分のブログ上で自分の好きなことを書いているだけというスタンスであることを前置きします(じゃあそんなタイトルにするな)

 

ちなみに写真はうちのお猫さま。ましろさまです。

 

 

さて、COSMUSICAライターがアクティブ・ノンアクティブごっちゃで20名弱。はじめは自分含めて4人くらいしかいなかった気がするけど気づいたらこの人数になっていました。気づいたらっていうか必死に集めた結果この人数になりました。

 

(※COSMUSICAとは…私が思いつきとノリで2016/6/20に立ち上げたクラシック音楽特化のコラムサイト。先月の月間PVは44,874)

cosmusica.net

 

嬉しいことに、お誘いした方だけでなく、コスムジカを見て自発的にライターに応募してくださった方もいらっしゃいます。それも、サイトに原稿代を記載していないにも関わらず、やってみたいですと名乗りをあげてくださっているわけです。なんて勇敢でありがたいことでしょう。私だったら真っ先にギャラを聞くもん。

 

かく言う私はというと、この人数に原稿代を支払っているので、(一本一本は恐縮ながら少額とはいえ、)月でいうと新幹線で関西往復できる分くらいの支出があります。加えて自分のコスムジカに割いている時間給やサーバー代、もろもろを加味すると月に最低でも月に5はマイナスしていると。

 

ここで考えてみましょう。

 

ライターのみなさんは、なぜ生活の足しにもならないような原稿代なのに協力的に執筆活動をしてくれるのか。

 

私は、なぜ身銭を削りながらコスムジカを運営しているのか。

 

 

ぶっちゃけ後者はよくわからないといえばわからないんですけど、少なくとも前者に関しては、みなさんが自分の将来のことを当事者意識を持って考えていらっしゃるからだと思います。

 

つまり、自分が何をしなくてもクラシック音楽はなくならないだろうとか、仕事もなんとかなるだろうという楽観的な考えではなく、

 

自分でできることはアクションを起こして、将来の自分が生活しやすい環境を今の自分が作らなくてはいけないという現実的な意識をお持ちの方々なのだろうと思っています。

 

 

もちろん、単純にクラシック音楽を愛していてもっと多くの人に知ってもらいたいからとか、以前からライターをやってみたかったとか、新しいことを初めてみたかったとか、そういうわかりやすいきっかけは別にあるかもしれません。

でも私はライターのみなさんに対して、うまく言えないんですけど共闘者というか、戦友的な感覚で接しています。手伝っていただいているという意識はあるんですけど、「クラシックを身近に」というコスムジカのコンセプトに共感して集まってくれているということが何事にも代え難い事実だなと。

 

 

やっぱり音楽家はみんなフリーランスですから。

音楽って幸せ♪ だけじゃ食べていけないんですよね。したたかになってほしいと思います。COSMUSICAを育てて、利用して、もっと高くへ行ってほしい。今はお互いに試行錯誤しながら道を模索するしかない段階だけど、すでに力のあるものを頼るのではなく、まだまだ小さいCOSMUSICAに今の段階から参画して一緒にやっていこうと思ってくれたみなさんの心意気は心底あっぱれです。てかオッポレ

 

f:id:maimaimu:20161120065030p:plain

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2137564396919915701

 

ちなみに、みんなが頑張ってくれてPVが上がってタイアップとか取れるようになったら原稿代も上がりますから頑張ってください(急に扱いが雑