それでも恋するノリコ

恋愛ブログではありません!

アフタヌーンティーについてひとつの結論を言いたい

突然ですが私は #ヌン活 と称して、さまざまなホテルのアフタヌーンティーをレビューするというサイトを超細々と、ろくすっぽアクセスもないけれどもやってきました。

 

teavoyage.net

 

見てもらうとわかるのですが非常に上から目線な内容になっており(ただし意図的なものではない)、見る人によっては不快にすら感じるレベルかもしれませんのでご注意願います。

 

しかしなぜこんなに上から目線な内容になってしまったかというと、あのですね、レベルが低いんですよ(火に油を注いでいく)

 

てかね、アフタヌーンティーがはやってるからって付け焼き刃で参戦するのやめてほしい。金額を考えてくれ金額を。その金額で出せる商品なのか本当にいまいちど考えてもらえませんか。雰囲気がそれっぽけりゃ成立していると思っている担当者、絶対ひとりやふたりじゃないだろ。

 

ヌン活を始める前のわたし(きっとお店ごとに特徴とか違ってそれぞれの魅力があるんだろうな〜それをレポートしていったら楽しいだろうな〜)

 

現実→そもそも土俵に上がっているお店が少なすぎる

 

 

あのね〜ほんとにね〜、「ランチビュッフェのデザートで出しているものを、3段皿にのせるだけでもっと高い金額で売れるじゃん〜」ていうのは結構ばかにされている気分というか、やめろ

 

いや、ランチとディナータイムの間をそういう商品で埋めることは問題ないと思うけど、だったらその金額(5500円とか)じゃないよ。スイーツ盛り合わせ的な感じでお茶一杯つけて2000円でいいじゃないですか。あーなんか腹たってきた笑

 

 

ということでヌン活って継続的にできるものじゃないなというのがこの1年間22回のヌン活を経ての結論です。リピートに耐えうるアフタヌーンティが少なすぎる。なので今回はもう私の中の結論として、金額相応のアフタヌーンティが楽しめるのはここというのをもう発表させていただきまして、今後のヌン活は幅広く研究するというよりも、もう、本当に好きなところだけ通うんだ…。

 

❶マンダリンオリエンタル/オリエンタルラウンジ

teavoyage.net

 

スイーツがいまひとつふるわないのですがセイボリー、スコーン、サービスがとてもよく、私は一番回数行っています。紅茶はカップで出てきて、飲み変えも自由。ロイヤルミルクティーとバニラロイヤルミルクティーがあってあざとい。2人以上・平日という2条件揃うと4700円くらいでとてもお得に楽しめますがこの2条件なかなか揃わないですよね。週末は1000円アップするので結構きわどくなります。1〜1.5ヶ月おきに内容がかわり、それも結構変わってくれるのでリピートできる。私はもはやマンダリン行くために有休や代休を使うのも辞さない。紅茶の種類が増えたらなおよいというか助かります。

 

リッツ・カールトン/ザ・ロビーラウンジ

teavoyage.net

スイーツもセイボリーもおいしい。スコーンがふるわない。サービスは塩。お茶は飲み変え不可。ですが週末も金額が変わらないというのが神がかっています。雰囲気も「ざ・あふたぬーんてぃー」という感じで、「アフタヌーンティ行ったことないんだよね〜」という人にはとりあえず勧めておく。季節による内容の変化があまりないので頻繁に行きたい感じではないけれど、安定感がありとにかく人を連れて行くのに向いている。

 

❸パレスホテル/プリヴェ

teavoyage.net

4000円台でアフタヌーンティやっているところを見るとスタンディングオベーションしたくなる。しかも週末も同じ値段。しかもしかも夜(仕事後にいける時間)もやってるとか天才かな。

上記2件に比べると食べ物はフレンドリーな感じ(子供も好きな味)。逆にそれがいいという人も多いと思う。おいしいです。マロンシャンテリーが食べられるのも地味に幸せ指数が高いですし、唯一スコーンがないのが不満だったのですが、写真を見ている限り最近はスコーンがのっている。これは嬉しい転換。

季節による内容の変化は少ないけれど、紅茶の種類が豊富なので、「紅茶が好きなのでアフタヌーンティが好き」というクラスタであれば喜んでリピートする。なんせ週末や夜という選択肢があるのは本当に嬉しい。変わっていなければ、ロイヤルミルクティーもあります。なんかこう書いてたら割とプリヴェ最強でした。サービスさんもすごく人間味あふれるというか、フレンドリーな感じで居心地がよかったことを覚えています。

 

 

ということで以上3件です。トップ3とかじゃなくて、リピートできるアフタヌーンティは以上3件です。あとは番外ですが椿山荘はロケーションが特殊なので四季折々行きたくなります。

 

一点だけ、アフタヌーンティに力を入れているようなところでシャングリラだけ行けていません。シャングリラは週末だと6000円にも届こうという金額になるのでいける目処が立っていません。