それでも恋するノリコ

恋愛ブログではありません!

Crazily sad incident

f:id:maimaimu:20200524005134j:plain

 

プロレスラーの木村花さんが亡くなってしまった。

公式に発表されているわけではないが、状況的には自殺であることがほぼ確定している。

 

 

すごくショックを受けています。

テラスハウスをずっと見ていました。花さんのことを好きでも嫌いでもないと思っていたけど、訃報を見てすごくショックで、好きだったんだとわかりました。

 

一視聴者に過ぎない存在でこういうことを書くのはおこがましいかもしれないけれど、今日思ったことをここに書き残したいと思っています。

 

多感な時期に「ブス」と言う暴力

テラスハウスを見ていると、他人ながらも出演者のみなさんのことが少しずつわかってくるような気持ちになる。花さんは「気持ちがわかる」と言われるのをいやがっただろうけど、花の気持ちは本当によくわかった。

 

わたしはあんなに魅力的でまっすぐでパワフルではなかったけれど、花ちゃんくらいの年齢のときにおそらく花ちゃんと同じような感情を経験していると思う。

 

それをあえて言語化するならば、異性から認められたいという承認欲求。

 

わたしは二十歳前後は特に恋愛関係での承認欲求をこじらせにこじらせこじらせまくって自殺未遂なんかもしているレベルのいわゆるメンヘラなので、誰か一人が圧倒的に自分を愛して味方してくれるという事実・状況がどれだけ自分を安定させてくれるか、つまり自己肯定感をもたせてくれるかを強く認識している。

 

そしてそんな一人を見つけるのはそう簡単ではない。簡単でなさすぎて、『君の名は』を見て鬱になるレベルだった。

nyoki2.hateblo.jp

 

花ちゃんはほとんど男性経験がなかったらしく、テラハ内でも2度の恋愛はたまたまうまくいくことがなかった。もしも話をしても仕方がないが、もし花ちゃんに今そういう恋人がいたら、誹謗中傷がこんなふうに花の心に深く刺さってしまうことはなかったのではないかと思う。

 

しかも恋愛がうまくいかずに自己肯定感が下がっているときに、見た目のことを誹謗中傷されるのは本当に最悪だ。ブスとか書き込んでいた人たちはなんなんだ。お前は誰なんだほんと。

 

 

コロナ鬱の可能性

そんな状況にコロナが最悪の形で拍車をかけたと思う。

 

花にとって何よりも大切であっただろう、試合の機会を失ってしまった。

 

残念ながら生前に観に行くことは叶わなかったが、あのステージで彼女が一番輝いていたことは想像にかたくない。カイと揉めた際ののやりとりでも、花がどれだけ自分の仕事にプライドをもっているかがよく伝わってきた。

 

恋愛でうまくいかなくても、プロレスラーとしてリングに上がりファンを沸かせ収入を得ることが彼女にとって最大の承認欲求を満たす場だったはずだ。

 

そして、テラスハウスの撮影が中止されたことも悪い方向に転んだと推察する。テラハで受ける誹謗中傷のストレスは、本質的にはテラハのメンバーでしか共有できないと思うが、花はそれを一人で受け止めなくてはいけない状況だった。

 

自衛のため卒業してしまおうにも、撮影が止まっていてそれすらできない。

 

これらによって花は承認欲求どころか、マズローの欲求段階でいう「社会的欲求」すら満たされなくなった。

 

 

そして収入減の件もある。(19日公開だった最新話で、試合がすべて中止になり、収入が激減すると花の口から語られていた。)

 

いつ興行が再開するともわからない状況の中、安全の欲求(経済的な不安とコロナの脅威)までもが満たされない状態に陥ってしまった。

 

「誹謗中傷」は直接的な原因だと思うが、原因のすべてではないのではないか。彼女の死を深く考えようとすればするほど切なく悲しい。

 

 

 

コロナが落ち着いたら、いつか絶対花ちゃんの試合を観に行きたいと思っていました。花ちゃんを観て、女子プロレスおもしろそうだなと興味をもちました。

花ちゃんがテラスハウスに出たおかげで、そういうふうに思った人がたくさんいると思います。

とにかく残念だし、寂しいです。

彼女が苦しみから解放されたことを祈ります。

尊敬を込めて。

R.I.P.